香港好きなら知っておきたい。香港歌謡の大御所、林子祥(George Lam)とは?

林子祥 香港 広東省 C-POP

ネイホウ!香港大好きチャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

さっそくですが、皆さんは香港の歌手というと誰を思い浮かべるでしょうか?

(香港人には人気無いけど)ジャッキーチェン?、アンディ・ラウ?、古い方ならアグネス・チャン?それとも「恋する惑星」で有名なフェイウォン?

C-POPが好きな人であれば、「哥哥」と慕われたレスリー・チャン、伝説の香港バンドBEYOND、ジャキーチュン(チェンじゃないよ)あたりが出てくるのではないでしょうか。

しかし、香港の歌手と言われて名を沢山挙げられる人はそうそう多くないと思います。

そんな香港の歌手の中で、林子祥(George Lam ジョージ・ラム)という方をご存知だったでしょうか?

彼は香港が成長しはじめた時代から活躍をされていた方で、香港人のみならず中国の広東語圏の方々、マレーシアなどの広東系の華僑、普通話の地域でも広く中国の音楽の興味がある方であれば、ご存知であることが多いはず。

現在71歳というご年齢なのですが、それでも現役で、今でも中国のテレビ番組に出演したり、コンサートを開いています。私も、2018年にマレーシアの「ゲンティン(云顶高原)」という華僑向けのリゾート地で公演をされるということを聞きつけ、実際に行って彼の歌唱力の凄さに感銘を受けました。

もし香港や中国の南方のほうに駐在されている方であれば、この方を知っていると、きっと現地の人々やクライアントと話が弾み、仲良くなれること間違いないでしょう。それぐらい多くの人々にとって馴染みのある方なのです。

この記事ではYouTubeに上げられた林子祥の動画を引用しながら、歌謡界の大スターを、アツく、そして本気で、ご紹介していきたいと思います!

続きを読む →

深夜の到着や翌朝が早い時におすすめ!深センのサウナ&仮眠施設「中潜潜水世界」

深セン サウナ 仮眠

こんにちは、チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

さっそくですが、みなさんは深センや中国に滞在したときに、こんな経験はないでしょうか?

  • Booking.comなどで中国のホテルを予約したのに、夜遅くに到着したもんで、行ってみたらホテルの予約がなんとキャンセルされていた
  • 明日の朝早い飛行機で移動するから、わざわざホテルに泊まるほどじゃないよなって思っている
  • 私は日本人だから温泉やサウナが大好き。はやくあっついサウナで汗をかいて、水風呂にドボンしたい。大浴場で大の字になって開放されたい

そうなんですよね。

特に深センに行く人って、香港経由で行かれると思うのですが、LCCで安く行こうとなると香港エクスプレスの安い便で行くことになると思います。9:20香港発、成田着の飛行機で帰るぜ!って感じで。

その前日に深センにいた場合、移動して香港で滞在するべきなのか?でも、香港のホテルくっそ高いよなあ、でも深センでホテル泊まるほどではないよなあ……って葛藤があると思うんですよね。

そんな人におすすめなのが、サウナという選択肢。日本のようなサウナ施設で、サウナに入ったあとは休憩スペースのようなところで、仮眠が取れる。これが中国にはあるんです(桑拿水会や水疗会所とか呼ばれてます)。

深センにはこのタイプの施設がいくつかありますが、私は先日南山地区の桃園という駅の近くにある「中潜潜水世界」に行きました。行ったレビューを「Shenzhen Fan」というメディアに寄稿していますので、よろしければご覧ください!

サウナっていうと殿方向けの如何わしい施設のイメージが強いですが、ここはもちろん健全なものでして、男性だけでなく、女性も家族連れでも利用することができます。

私はそれなりにサウナにこだわりを求めるサウナーなのですが、ここのサウナはベストでは無いけれど、まあまあ許容できるレベルかなと。ドライサウナはいい感じに湿度があって、自動でサウナ石に水を掛ける仕組みがあって面白いです。ただ水風呂が冷たすぎるのが難点。でもサッパリはできます。

来店から24時間滞在することができて、124元(約2,000円ほど)と、ホテルに泊まるよりはコスパは高いでしょう!

ぜひお試しください!

香港出張の経費精算にぜひ。オクトパスカードの残高履歴をチェックする方法

こんにちは、チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

私は仕事の都合で香港や深センなどの都市に出張することがありました。出張の時にこまるのが、そう経費精算

あれ、いくら使ったんだっけ?って分かるようにしたいものです。

香港では移動にオクトパスカードが日常的に使われていますが、あれって残高がどう減ったとか、どの区間で使ったのか直ぐに分からないですよね。日本だと使った分を印字するサービスがありますが、香港ではないと思います。

そんなオクトパスカードの残高の推移を見る方法を見つけたので(日本でも見れます!)、皆さんにご紹介したいと思います。ぜひお役立てください。

続きを読む →

中国の深センで月数百円で維持できるプリペイドSIM(日租卡)を契約した話

中国 深センで中国移動のプリペイドSIMカードを契約した

先日深センに行ってきたのですが、そのついでに現地のSIMカードを契約してきました。

中国では、ウェブでもリアル店舗でも何かサービスを利用する時にSMS認証が求められることが多く、しかも中国の電話番号でないと登録できなかったりします…。そのため中国の携帯電話番号がついたSIMを契約すると何かと中国では便利です。

今回ある情報筋から、パスポートさえあればSIMを契約することができる、そして月額100円程度で維持できるという情報を聞いたので契約しにいきました。結論から言うと、簡単に契約することができました。

私は中国語が全然喋れるレベルではありません。そんな私がどうやって契約までこぎつけたのかをお伝えします。みなさんの参考になれば幸いです。

単発での短期間の中国滞在で、そんな何回も中国に行く予定がないよって人は、無料で中国の電話番号が持てる方法を私が勤めている会社のブログにまとめているので、そちらをご覧いただくと良いかなと思います。

中国出張者は必見! SIMを持たずに中国のSMS用電話番号を取得できる「eSender」[5日目] | Shiftall blog

続きを読む →

香港国際空港で買える中国ローミングSIMなら、セブンで買える中国移動香港SIMがおすすめ

香港国際空港でおすすめの中国で使えるSIM

先日香港経由で深センに行ってきました。普段であれば事前にアマゾンで中國聯通香港(チャイナ・ユニコム)の7日間2GBのSIMを買って行くのですが、この時に限っては買うのを忘れてしまいました。

そのため今回は、香港国際空港の到着ロビーにあるいくつかSIMを販売している店舗を物色して一番良さげな中国でローミングできるSIMを購入することにしました。

SIMを販売している店舗が3つある中で購入したのは、セブンイレブンで販売されている中國移動香港の「4G/3G 一咭兩地儲值卡」というSIM。香港国際空港で売られている中国ローミングSIMの中では総合的に良かったです。価格は120HKD(約1650円)

このSIMは1ヶ月〜半年のスパンで中国や香港、マカオに何度も行き来する人であればオススメできるSIMです。その特徴や理由を紹介できたらとおもいます。

続きを読む →