香港で中古CDが買えるレコード店(旺角の信和中心など)

ネイホウ!こんにちは、カブレ佐藤(@kazu67_)です。

香港は日本よりも音楽のダウンロードやストリーミングの文化が発達したようですから(ネット普及による海賊版含め)、現在では香港のどこへ行ってもCDショップを見かけることはほぼありません。

日本にはまだまだ大型ショッピングセンターにタワレコなどのショップがありますけど、香港では壊滅的なレベルで見かけません。。

しかし、中古CDショップになると話は別。香港市内には今でもいくつか中古CDショップが健在しています。

YouTubeなどを通じて過去の広東ポップスを聞いて興味を持ち、中古CDを買ってみたいなという方も少なくないかなーと思います。あるいは日本でも入手が困難なCDを求めにアジアへ行かれる方もいるのではないでしょうか。

かくいう私もそのクチでして、中古CDを求めにレコード店の場所を調べて実際に訪問しました。その場所とは、日本でいう中野ブロードウェイのようなマニアックな小規模商店が集まる信和中心というショッピングセンター

実際に行ってみた感想をここでご紹介します。

続きを読む →

深センの24時間イミグレ 皇岗口岸(ファンガン)攻略法

深セン ファンガン 皇岗口岸 香港 移動

香港を経由して初めて深センに向かわれる方は、罗湖LuoHu、あるいは福田Futianと呼ばれるイミグレを使うことが多いと思います。

これらのイミグレはMTR(鉄道)で向かうことができ、日本人の方のブログを見てもこの方法で行かれる方が多いです。王道の行き方でもあるので、安心感があるのでしょう。

安心感があるイミグレである一方で、これらのイミグレは常に混雑しておりタイムロスが生じるのと、鉄道の終電時間に合わせて運用終了をしてしまうというデメリットがあります。つまり夜中にはやっていないんですね。

深センに慣れてくると皇岗(ファンガン)と呼ばれるイミグレを使う機会がでてくると思います。こちらのイミグレは唯一24時間開いているのが特徴です。

仕事の都合でどうしても夜の時間帯に移動する必要があったり、早朝出発のLCCに乗るために香港へ移動される方はこちらのイミグレを使われることが多いでしょう。

このイミグレは香港側では鉄道が乗り入れていません。そのためタクシーやスカイリモと呼ばれる相乗りバン、直通バスを使って深センに向かう場合において、このイミグレにお世話になるはず。

ファンガンは、中国側のイミグレと香港側のイミグレが離れており、初めての利用だと正直分かりにくく戸惑ってしまう方が多いのが特徴です。

この記事では、唯一24時間開いている皇岗口岸(ファンガン)の全てをご紹介します。これを読めば、ファンガンを使うメリット、移動手段に応じたファンガンでの動き方をマスターすることができます。戸惑うこともなくなると思います。

続きを読む →

香港好きなら知っておきたい。香港歌謡の大御所、林子祥(George Lam)とは?

林子祥 香港 広東省 C-POP

ネイホウ!香港大好きチャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

さっそくですが、皆さんは香港の歌手というと誰を思い浮かべるでしょうか?

(香港人には人気無いけど)ジャッキーチェン?、アンディ・ラウ?、古い方ならアグネス・チャン?それとも「恋する惑星」で有名なフェイウォン?

C-POPが好きな人であれば、「哥哥」と慕われたレスリー・チャン、伝説の香港バンドBEYOND、ジャキーチュン(チェンじゃないよ)あたりが出てくるのではないでしょうか。

しかし、香港の歌手と言われて名を沢山挙げられる人はそうそう多くないと思います。

そんな香港の歌手の中で、林子祥(George Lam ジョージ・ラム)という方をご存知だったでしょうか?

彼は香港が成長しはじめた時代から活躍をされていた方で、香港人のみならず中国の広東語圏の方々、マレーシアなどの広東系の華僑、普通話の地域でも広く中国の音楽の興味がある方であれば、ご存知であることが多いはず。

現在71歳というご年齢なのですが、それでも現役で、今でも中国のテレビ番組に出演したり、コンサートを開いています。私も、2018年にマレーシアの「ゲンティン(云顶高原)」という華僑向けのリゾート地で公演をされるということを聞きつけ、実際に行って彼の歌唱力の凄さに感銘を受けました。

もし香港や中国の南方のほうに駐在されている方であれば、この方を知っていると、きっと現地の人々やクライアントと話が弾み、仲良くなれること間違いないでしょう。それぐらい多くの人々にとって馴染みのある方なのです。

この記事ではYouTubeに上げられた林子祥の動画を引用しながら、歌謡界の大スターを、アツく、そして本気で、ご紹介していきたいと思います!

続きを読む →

香港出張の経費精算にぜひ。オクトパスカードの残高履歴をチェックする方法

こんにちは、チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

私は仕事の都合で香港や深センなどの都市に出張することがありました。出張の時にこまるのが、そう経費精算

あれ、いくら使ったんだっけ?って分かるようにしたいものです。

香港では移動にオクトパスカードが日常的に使われていますが、あれって残高がどう減ったとか、どの区間で使ったのか直ぐに分からないですよね。日本だと使った分を印字するサービスがありますが、香港ではないと思います。

そんなオクトパスカードの残高の推移を見る方法を見つけたので(日本でも見れます!)、皆さんにご紹介したいと思います。ぜひお役立てください。

続きを読む →

香港国際空港で買える中国ローミングSIMなら、セブンで買える中国移動香港SIMがおすすめ

香港国際空港でおすすめの中国で使えるSIM

先日香港経由で深センに行ってきました。普段であれば事前にアマゾンで中國聯通香港(チャイナ・ユニコム)の7日間2GBのSIMを買って行くのですが、この時に限っては買うのを忘れてしまいました。

そのため今回は、香港国際空港の到着ロビーにあるいくつかSIMを販売している店舗を物色して一番良さげな中国でローミングできるSIMを購入することにしました。

SIMを販売している店舗が3つある中で購入したのは、セブンイレブンで販売されている中國移動香港の「4G/3G 一咭兩地儲值卡」というSIM。香港国際空港で売られている中国ローミングSIMの中では総合的に良かったです。価格は120HKD(約1650円)

このSIMは1ヶ月〜半年のスパンで中国や香港、マカオに何度も行き来する人であればオススメできるSIMです。その特徴や理由を紹介できたらとおもいます。

続きを読む →