深夜の到着や翌朝が早い時におすすめ!深センのサウナ&仮眠施設「中潜潜水世界」

深セン サウナ 仮眠

こんにちは、チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

さっそくですが、みなさんは深センや中国に滞在したときに、こんな経験はないでしょうか?

  • Booking.comなどで中国のホテルを予約したのに、夜遅くに到着したもんで、行ってみたらホテルの予約がなんとキャンセルされていた
  • 明日の朝早い飛行機で移動するから、わざわざホテルに泊まるほどじゃないよなって思っている
  • 私は日本人だから温泉やサウナが大好き。はやくあっついサウナで汗をかいて、水風呂にドボンしたい。大浴場で大の字になって開放されたい

そうなんですよね。

特に深センに行く人って、香港経由で行かれると思うのですが、LCCで安く行こうとなると香港エクスプレスの安い便で行くことになると思います。9:20香港発、成田着の飛行機で帰るぜ!って感じで。

その前日に深センにいた場合、移動して香港で滞在するべきなのか?でも、香港のホテルくっそ高いよなあ、でも深センでホテル泊まるほどではないよなあ……って葛藤があると思うんですよね。

そんな人におすすめなのが、サウナという選択肢。日本のようなサウナ施設で、サウナに入ったあとは休憩スペースのようなところで、仮眠が取れる。これが中国にはあるんです(桑拿水会や水疗会所とか呼ばれてます)。

深センにはこのタイプの施設がいくつかありますが、私は先日南山地区の桃園という駅の近くにある「中潜潜水世界」に行きました。行ったレビューを「Shenzhen Fan」というメディアに寄稿していますので、よろしければご覧ください!

サウナっていうと殿方向けの如何わしい施設のイメージが強いですが、ここはもちろん健全なものでして、男性だけでなく、女性も家族連れでも利用することができます。

私はそれなりにサウナにこだわりを求めるサウナーなのですが、ここのサウナはベストでは無いけれど、まあまあ許容できるレベルかなと。ドライサウナはいい感じに湿度があって、自動でサウナ石に水を掛ける仕組みがあって面白いです。ただ水風呂が冷たすぎるのが難点。でもサッパリはできます。

来店から24時間滞在することができて、124元(約2,000円ほど)と、ホテルに泊まるよりはコスパは高いでしょう!

ぜひお試しください!

羽田の早朝フライトにおすすめ羽田空港の早朝便におすすめ!蒲田のサウナで夜を過ごすという手段(SPA&HOTEL和 -なごみ-」)

羽田の早朝便は、蒲田のサウナで過ごすことをおすすめ

羽田空港の国際線で、始発でも間に合わない飛行機に乗らなければならない時にみなさんはどう過ごしていますか?

例えば香港エクスプレスなどのLCCは、早朝のフライトはかなり早い時間に設定していることが多く、このチェックインに間に合わせるためには空港で過ごすことが余儀なくされる場合もあるかと思います。

しかし空港の硬いソファで寝るのはつらいものです。空調は効いているし寒いし、腰がいたくなるし…と、まあ若いうちはいいけれど、それによる疲れはせっかくの旅に支障をきたす場合もあります。わたしも一度到着ロビーのベンチを陣取って過ごしたことがありますが、つらいつらい。

そこで全力でオススメしたいのが羽田から近い温泉・サウナの施設で過ごすという手段。

飛行機に乗る前に、サウナで全身の血行を良くして短時間でガッツリ深い睡眠をとります。そしてリフレッシュした状態で空港へ向かえば、かなり快適な空の旅になることを100%保証します。渡航先に着いてからが全然違うんです。

この記事では、早朝便で羽田を経つ人に向けたサウナで過ごす情報を提供します。蒲田には、サウナが二軒あるのですが、今回ご紹介するサウナは男女両方が利用できるサウナです。

続きを読む →

月に2回ワンコインでサウナに入れる小伝馬町の銭湯「十思湯」が素晴らしい件

ワンコイン サウナ 銭湯 ととのい

こんにちは、銭湯カブレ佐藤(@kazu67_)です。サウナも好きです。

最近時間があればしょっちゅうサウナに行っているのですが、色んなサウナを経験していく中で、以下のポイントを押されているサウナだとリピートしたくなるなーと思っています。それは……

  • 気持ちよく整えられるサウナ環境(要因:サウナの温度・水風呂の温度・外気浴ができるetc)
  • 「ととのい」という体験に対するコスト(コストパフォーマンスの高さ)

サウナ専門のお店はどこも1,000円以上のコストが発生するので、サクッと入るには安くはありません。1,000円以下となると、一般的な公衆浴場(=銭湯)になるわけですが、基本料金460円+サウナ料金と、平均して700-800円ぐらいになり、サウナ専門店より若干安いぐらいになります。

そんな公衆浴場のなかでも地域と日付を限定すればワンコイン500円でサウナに入ることが可能な銭湯が存在します。そでは小伝馬町にある「十思湯」という都内で一番新しい銭湯です。

続きを読む →

新R25編集長がおすすめする笹塚「マルシンスパ」で全身ととのってきたので、話を聞いてほしい

銭湯歴5年、都内の銭湯を150箇所ぐらい既に達成している銭湯カブレ佐藤(@kazu67_)です。

私はR25世代なので、サイバーエージェントが運営するメディア新R25、拝読しています。そのメディアが、若い人の間でサウナで流行っているということもあって、「サウナイカナイ?」という素敵な特集を組んでいました。

たしかにサウナ、流行ってますよね。

私の周りでも「サウナー」と名乗るは増えてきているし、銭湯神ことブロガーのヨッピーさんが銭湯サウナ系の記事をバズりにバズらせている影響もあるんだろうなあと思いますが、今までサウナや銭湯に行く人はいたけど、価値が注目され始めて、また市民権を得たといいますか。

でも、銭湯(スーパー銭湯ではない)にしか行ってなかった人間にとって、サウナって結構縁遠くて、銭湯のサウナは追加料金を払う必要があるし、別に熱い風呂と水風呂の交互浴だけで良くない?っていうのが自分の中でありました。

ですが、今回新R25の記事を読んで、はたしてどんなもんだろうかと、サウナに行こうという気になりまして。先日、新R25編集長がおすすめするサウナに行ってきたので感想を述べさせてください。

続きを読む →