どの言語が一番覚えやすいのか?海外ナンパ師が教える語学学習のアプローチ

先日、台湾を中心に活動している海外ナンパ師の豪商クラトロ氏と無職のマスターあべし氏のTwitterライブを見ていました(素晴らしいコンテンツなのですが今は非公開になっています)

深夜にも関わらず常時100名以上が観ていた非常に面白いライブでした

そのライブで最初のほうに紹介されていたマスターあべし氏の語学学習にまつわる考え方が非常に面白かったので、紹介したいと思います。

続きを読む →

米国公認会計士講座などを展開するアビタスの自習室はどんなものか紹介

米国公認会計士(USCPA)の資格取得を目指そうとする時、どの専門学校の講座を受講をするか迷う方が多いと思います。

各学校のプログラムの価格や使っている教材、追加単位の取得サポートの手厚さなど色々と比較した上で専門学校を決めたいものです。いまUSCPAを勉強している私もそうでした。

その専門学校を選ぶ基準の一つに、「良質な自習室を提供してくれているか?」ということがあると思います。それなりの額のお金を払うので、なるべく良いサービスは受けたいものですからね。

日本には「TAC」「アビタス」「プロアクティブ」と大きく3つの専門学校がありますが、私はアビタスに通っています。

この記事では私の通うアビタスの自習室はどんな感じなのか?ご紹介していきたいと思います。

続きを読む →

資格勉強の進捗を管理するのに最適!ガントチャート作成のすすめ

こんにちは、カブレ佐藤(@kazu67_)です。

突然ですが、みなさんは語学学習や資格勉強をする時に、どうやって進捗の確認やモチベーションの維持を行っていますか?

TODOリストを作っている?それとも頭の中でなんとなくこの日までにやると決めているという感じ?でしょうか。

例えば「来月TOEICを受けるから、受験日までにこれこれをやる」といった比較的短期な目標に対しては、頭の中でなんとなく整理はできるでしょう。

しかし数百時間をかけて勉強する必要のあるような資格については、短期的な思考では行き当たりばったりになり「合格というゴール」はなかなか見えてこないのではないかなと思います。

例えば公務員試験なんかそうですが、色々と平行して長い時間かけて勉強する必要がありますよね。

そのような資格の学習は目標から逆算し、ある程度はプロジェクト管理していく必要があると考えます。そこでおすすめしたいのがガントチャートの作成です。このガントチャートは企業のプロジェクト進行なんかに使われたりします。

私は「米国公認会計士」という資格取得に向けていま勉強しているのですが、このガントチャートを作ることでだいぶ先のやるべきことや中期的な目標など見通しがみえてきました

この記事では、ガントチャートの有効性、作り方などをご紹介していきます。資格勉強されている方のご参考になればと思います。

続きを読む →

10月に受験したHSK5級の結果が返ってきました

HSK5級 の結果はHSK でもHSK iBTでも同じ

ニーハオ、こんにちは。チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

先日10月に受験したHSK5級の結果が返ってきました。

私はHSK3級と4級については通常のHSK(紙で受けるメジャーなタイプ)だったのですが、5級についてはiBTというPCで受ける方式で受験をしました。試験の実施日と内容は通常のHSKと同一です。それについては前回の記事でまとめているのでよろしければご覧ください。

中国政府の中国語試験「HSK」を受けるならネット受験のiBT版で受けることをおすすめする話

5級の結果が入った封筒を受け取ったのですが、その封筒の形式は通常のHSKと同じでした。

さて、実際の結果とその理由、また今後の中国語学習について触れていきたいと思います。

続きを読む →

中国政府の中国語試験「HSK」を受けるならネット受験のiBT版で受けることをおすすめする話

私がHSK iBTを受験した長城学院

みなさんニーハオ、チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

先日、中国政府が運営する中国語テスト「HSK(汉语水平考试)」を受験してきました。昨年末に3級と4級を受けており既に合格レベルに達していたので今回は5級を受けました。

HSKというと皆さんは、青色のウェブサイトのものを想像される方がほとんどだと思います。これは試験会場で紙の試験を受けるものでして、いわゆる英検やTOEIC L&Rテストに近いタイプです。一方で、TOEFLのようなPCを使って受験するiBT(Internet based testing)タイプのHSKがあるのをご存知でしょうか?

一般的な青のHSK
HSKというと、いわゆるこういうのをイメージしますよね

私は3級と4級は一般の紙のHSKを受験したのですが、5級はiBT形式のHSKを受験しました。iBT形式は紙の試験と勝手が違ったのと、紙形式と比べて受験するメリットがあると思ったので、ここにまとめておきます。

続きを読む →