米国公認会計士

スポンサーリンク
米国公認会計士

経理経験なし・会計知識ほぼなしの人間でもUSCPAの勉強に価値があるのか?

会計とは関係のない立場の人間が現在米国公認会計士(USCPA)を学習していく中で感じたこの資格の価値について紹介していきます。
米国公認会計士

【USCPA】出願を済ませて1週間後に受験票(NTS)が届いた話

アビタスの情報では米国公認会計士の受験票(NTS)の発行までに1~2ヶ月かかるとのことですが、出願から1週間程度で完了報告がきました。届いてからNTS発行までの流れをお伝えします。アビタスの紹介割引あり。
米国公認会計士

【USCPA】米国公認会計士の出願手続きを済ませてきた

USCPAの煩雑な出願手続きを済ませ、どんな感じで出願するのかご紹介します。手続きの流れを懇切丁寧に教えてくれる予備校アビタスについてもご紹介。紹介割引あり。
米国公認会計士

教育訓練給付制度の対象であるアビタスの米国公認会計士講座で実際にハローワークで給付されてきた

アビタスの米国公認会計士講座は、厚生労働省の定める教育訓練給付制度の対象の講座となっています。実際に米国公認会計士講座を受けている人間が、ハローワークへ行って約9万円の給付を受けてきました。
米国公認会計士

米国公認会計士講座などを展開するアビタスの自習室はどんなものか紹介

米国公認会計士などの国際資格の学校として知られる「アビタス」の自習室を、実際にUSCPAの講座を受講してる私がその設備やメリットをご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました