シャオミのヘルストラッカー 『Mi Band 3 NFC版』を2ヶ月使用した感想

Mi Band 3 商品レビュー ガジェット
Sponsored Link

今年の10月に仕事で深センに立ち寄った行った時に、シャオミストア(小米之家)でヘルストラッカーのMi Band 3(小米手环3)を購入しました。

知らない方のためにお伝えすると、Mi Band 3は万歩計やストップウォッチ機能はもちろん心拍数を測定したり、スマホとBluetoothで連携させて通知を飛ばしたりなど、ちょっとしたスマートウォッチ機能がついているデバイスです。

それでいて4,000円もあれば買えてしまうのだから驚き。

私がMi Band3を購入した小米之家 来福士广场店
私がMi Band3を購入した深センの小米之家 来福士广场店

このMi Band 3自体は今年の5月に発売されていたのですが、9月に「NFC版」が発売されました。私が購入したのはそのNFC版なのですが、NFC版についている特別機能は別の記事にてご紹介します。

この記事では、基本的な機能を2ヶ月ほど使用してみたので、ざっと感想をレビューしてみたいと思います。

結論からいうと、手放したくないくらい毎日四六時中身につけています。それくらい買ってよかったなと。

今までヘルストラッカーを使ったことがなかったため、初心者の視点でお伝えできればなと。

ちなみに今回NFC版を購入しましたが、レビュー内容としては通常版のMi Band 3と同じ内容です。

文字を表示できるようになり、グッと用途が拡大

前の会社にいた人が前のモデル「Mi Band 2」を持っていて私に貸してくれたことがあるのですが、その時は「ただの時計+万歩計」という感じで特に惹かれるものはありませんでした。

Mi Band2 と Mi Band3
左が前のモデル「Mi Band2」
見た目の違いだけでなくディスプレイサイズ、表示できる内容にも違いがある

Mi Bandは、Bluetoothを介してスマートフォンとつなげることで、スマホの通知を受けられるのですが、Mi Band 2は文字を表示することができないので、ただアイコンが表示されるだけ。安いとはいえこれを買うのはなあ……という感じでした。

しかし『Mi Band 3』は違います。文字を表示できるのです。英字だけでなく、漢字も表示できます。中国語だけでなく日本語の表示もOK

miband3は日本語表示可能
日本語の表示はこんな感じ。なぜ「卵を買う」にしたのかは謎w

こんな感じです。バンドと連携させるスマホアプリの「イベントリマインダー」という機能を使えば、例えばちょっと後でお知らせしたい情報とか、あるいは忘れたくない定期的におとずれる記念日などをお知らせすることができます。通知がくるとブルブル震えてお知らせしてくれます。

また文字の表示はアプリ通知を表示させるのにも役立ちます。

自分のスマホに入っているアプリのなかで、指定したアプリ通知を表示させることができます。私の場合は乗換案内とSMSをMi Bandに転送させるようにしています。

MiBand3で電車の遅延状況をみる
運転見合わせ・遅延があった時にお知らせしてくれるように設定

乗換案内だとこんな感じ。家を出てから駅に着いた時に電車が運転見合わせていたことを知るのは嫌なので、事前に分かるようにしています。

Mi Band3をSMSの認証番号確認に活用
手元で認証番号が分かるのは地味に便利

SMSは、特に各種アプリのアクティベーションコードをMi Band上で見れるために活用しています。

PCメインで作業しているとスマホを見る必要がないため、スマホをカバンの中にいれていたりするのですが、そういう時にアクティベーションコードを転送するようにしておき、バンドを見ればコードを記入できる環境にしています。これ地味に便利。

着信時にブルッと教えてくれるのも便利

PC作業がメインでスマホをカバンに突っ込んでいたりすると、着信が来ていたことを後で知ることが多いです。

でもMi Bandなら、着信時にバイブレーションで教えてくれるので安心。スマホとの距離は十数メートル離れている程度なら全然大丈夫。

これで私は着信を逃すということが無くなりました

その日歩いた歩数が可視化されるのは結構いい

万歩計がこのMi Bandの基本的な機能なのですが、この歩いた歩数が可視化されるのはちょっと楽しいです。

todays foot step
アプリを通じて今日の歩数の詳細がわかる

Mi Bandをつなげる「Mi Fit」というスマホアプリ上で毎日の目標歩数を設定することができ、私は1万歩に設定しています。

別に毎日1万歩を歩くことを強制しようとは思っていませんが、歩数が見れるため、例えばある時夕方に9000歩を歩いていることがわかったら「じゃあ今日はもうちょっと歩いてみようかな?」と、ちょっと遠回りしたくなります。これは可視化されなければわからなかったことで、地味にいいなあと。

それとWeChatアカウントとMi Fitアカウントを紐づけていると、友人同士で歩数を競ったり、いいねをしたりすることができます。

Wechat miband

まあほとんど中華圏の友人だらけなので、この機能が特にコミュニケーションに寄与していないのですが、まあ「ああこの人、4万歩もある。なんかマラソンで走ったのかな?」とか思えるのは面白いです。

バッテリーが2週間ぐらい持つのは結構イケてるポイント

スマートウォッチ、ヘルストラッカーに求めるのはやはりバッテリーの持ちでしょう。少なくとも平日の月曜~金曜の5日間は持ってもらいたいものではないでしょうか。

Fit Bitだと1週間弱、Apple Watchだと2日ぐらい、AndroidのWear OSのスマートウォッチも数日もつぐらいが大半でしょう。

mi band battery life
「Mi Band 3 NFC」は完全充電から10日間使用したタイミングで17%。ギリギリ2週間もちそう。

そんななかでMi Band 3は、それを凌駕する14日間ぐらい持つバッテリー

これは相当イケているポイントです。私の場合はアプリで色々と設定しているので消耗が激しいほうだと思いますが、設定次第ではより長く寿命を持たすことができそうです。

mi band charging adaptor
専用のアダプタを使って充電する必要があるのはちょいと面倒(Mi Band本体の右側がアダプタ)

どのスマートウォッチにも言えますが、充電のアダプタが特殊なので万が一アダプタを紛失した時に充電できないのはちょい残念ではあります。

いま求められている機能はだいたい備えている

Mi Band 3には、だいたいの求められている機能がそなわっています。

現在地の天気を表示させたり、アラーム(目覚まし時計として活用してます)やストップウォッチ機能、Bluetoothがつながる範囲内で紛失したスマホを強制的に鳴らす機能もあります。

ランニング時に使えるストップウォッチや心拍数を図る機能、スポーツ関係はこれで十分。心拍数については、バッテリーの効率は悪くなりますが、一定の間隔で測ることもできます。

ジムでランニングした時の心拍数と特に大差ない
ジムで走った時のですが、マシンとMi Band 3の表示される心拍数に大きな開きはなかったです。

そうそう、当たり前ですが防水性能に優れています。「5ATM」というクラスだそうで、雨や水しぶきはもちろん、シャワーもスイミングもOK。水深50mまで対応のようです。このおかげで私はシャワー中も四六時中つけるようになりました笑

Mi Band 3に三度寝したことがバレる
「Mi Fit」での睡眠管理機能。昨日三度寝したこともバレる

色々触っていくうちに、こんな機能もあったんだーと思うのが楽しくて楽しくて。

スマホアプリとの連携でかなり楽しさの幅が広がると思います。どれを通知させたり、どの時間に通知させたりなど、自分好みに色々な使い方を考えられるのはいいなあと。

それでいて、3000円ちょっとという価格は魅力かつ破壊的

最後に価格。こんなに色々な機能を詰め込んでいて、価格はなんと3000円ちょっとです。

色んな方々から「それっていらなんですか?」と聞かれるのですが、上で書いた使用感の説明をしたうえで3000円と伝えるととても驚かれます。

ワインレッドのバンドを買った
Mi Bandの購入と同時に、ワインレッド色の替えバンドも買いました

3000円だからといって、作りがチープなのか?というとそんなことはありません。

スポーティなデザインですが、最初に付いてくる黒色のバンドならスーツにも合わないことはないと思います。バンドのカラーも気分で変えられるのはいいですよね。

通常版とNFC版との違い:交通カード機能が搭載された

私が購入したのは「NFC版」のMi Band3です。

通常版との違いは、非接触通信のできるNFCが搭載され、中国164都市で交通カードとして使用できるようなったこと

中国には日本と同様に各地にそれぞれの交通カードがあります。いくつかのカードにおいて未だ相互利用できるようになっていないため現地で買う必要がありましたが、このMi Band3を使うことで一つに集約することができます

その実際に交通カード機能を使ってみたレビューは以下の記事に掲載しているので、もしよろしければご覧ください。

Mi Band 3 NFC版の「交通カード機能」で中国の地下鉄に乗ってみた
シャオミのスマートトラッカー「Mi Band」シリーズの最新版「Mi Band3」、日本でもビックカメラなどで販売されていて結構日本人でも持ち始めている人増えています。中国で販売されている「Mi Band3」には二種類あり、世界中...
このように今、私のMi Bandの中には20元の深セン通が入っています
私のMi Bandの中には20元の深セン通が入っています

Mi BandはAmazonやビックカメラなど日本でも購入可能

中国のシャオミが開発したウェアラブルデバイスですが、日本のAmazonで購入することができます。現地で買うより高いですけど、プライムならすぐ届くので最速で買えますね。

以前は5,000円を超えていた気がするのですが、3,700円近くに値下がりしてきましたね。

ちょっと5,000円と定価近いですが、最近ビックカメラでも買えるようになっていました。

あとはガジェット系の国外に配送するチャイナモールで有名な「Banggood」でも販売されています。こちらは3,000円ちょっとで購入できるためおすすめ。

ぜひお試しください!

まとめ:カブレはこう思った

Mi Band 3、すごく買ってよかったなと思っています。3,000円に対するパフォーマンスが高すぎる…!

時計の代わりにずっと身に着けるようになりました。スタイリッシュなフォルムなので変なチープさもないしすごくいいです。よほど重要なミーティングでなれれば、いつもコレで大丈夫そうです。

あとシャオミのヘルスケアアプリ「Mi Fit」は、シャオミの体重計を導入することで体重や体脂肪の情報も常に更新できるらしいです。こんど深セン行く時に買おうかな。ああ、シャオミの沼にハマっていく……。

それでは再见!

コメント

タイトルとURLをコピーしました