中国のLuckin Coffee(瑞幸咖啡)は本当にスタバキラーなのか?

どうも、カブレ佐藤(@kazu67_)です。

みなさんは、中国の「Luckin Coffee(瑞幸咖啡)」というカフェをご存知でしょうか?

ここは、ただのコーヒーチェーンではありません。

OMO対応(Online Merges Offline)をしており、注文から決済、そして受け取りのお知らせまで全てスマホアプリで行うという形式を取っており、顧客は並ぶ必要がないのが特徴。その結果、人件費や開業に掛かる費用を極力削減し、またメニューはスタバと比べ比較的安めの価格帯です。

また有名人を起用した派手なキャンペーンやクーポンのバラマキを行っており、そのおかげか2018年の1月頃に創業したスタートアップですが、現在までに2000店舗の規模にまで拡大しています。

そんなLuckin Coffeeですが、香港株式市場にIPOを行うという話が数ヶ月前からニュースになっていました。

その一方で、中国市場ではカフェチェーンの巨人としてスターバックスが既に先行しています。そのスタバに対抗するように猛勢をふるっているLuckin Coffeeは、しばしばメディアで「スタバキラー」とさえ呼ばれています。

しかし、本当に「スタバキラー」なのでしょうか?

私が昨年実際にLuckin Coffeeに行った感想と現地友人の感想など織り交ぜつつ、Luckin Coffeeを紹介していきます。

続きを読む →

カンボジアのリゾート地、シハヌークビルが中国資本の開発で凄いことになっているらしい

中国マネーに侵略されるシハヌークビル

ニーハオ、中華大好きチャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

みなさんはカンボジアには行かれたことはありますか?カンボジアといえばプノンペンやアンコールワットのあるシェムリアップぐらいしか思いつきませんが、多くの方もそんなもんだと思います。

そんなカンボジアのプノンペンから200kmほど離れたところに「シハヌークビル」という湾岸都市があります。そこがいまリゾート開発が急ピッチで進められており、中国の移民や観光客が大量に押し寄せ、中国人のための都市になっているそうで、かなり社会問題になっているそうなんです。

カンボジアに駐在する後輩とLINEで電話していた時にその話題になり、非常に興味を持ちました。ちょっと調べてみたのでよければご参考に。

続きを読む →

中国の深センで月数百円で維持できるプリペイドSIM(日租卡)を契約した話

中国 深センで中国移動のプリペイドSIMカードを契約した

先日深センに行ってきたのですが、そのついでに現地のSIMカードを契約してきました。

中国では、ウェブでもリアル店舗でも何かサービスを利用する時にSMS認証が求められることが多く、しかも中国の電話番号でないと登録できなかったりします…。そのため中国の携帯電話番号がついたSIMを契約すると何かと中国では便利です。

今回ある情報筋から、パスポートさえあればSIMを契約することができる、そして月額100円程度で維持できるという情報を聞いたので契約しにいきました。結論から言うと、簡単に契約することができました。

私は中国語が全然喋れるレベルではありません。そんな私がどうやって契約までこぎつけたのかをお伝えします。みなさんの参考になれば幸いです。

単発での短期間の中国滞在で、そんな何回も中国に行く予定がないよって人は、無料で中国の電話番号が持てる方法を私が勤めている会社のブログにまとめているので、そちらをご覧いただくと良いかなと思います。

中国出張者は必見! SIMを持たずに中国のSMS用電話番号を取得できる「eSender」[5日目] | Shiftall blog

続きを読む →

香港国際空港で買える中国ローミングSIMなら、セブンで買える中国移動香港SIMがおすすめ

香港国際空港でおすすめの中国で使えるSIM

先日香港経由で深センに行ってきました。普段であれば事前にアマゾンで中國聯通香港(チャイナ・ユニコム)の7日間2GBのSIMを買って行くのですが、この時に限っては買うのを忘れてしまいました。

そのため今回は、香港国際空港の到着ロビーにあるいくつかSIMを販売している店舗を物色して一番良さげな中国でローミングできるSIMを購入することにしました。

SIMを販売している店舗が3つある中で購入したのは、セブンイレブンで販売されている中國移動香港の「4G/3G 一咭兩地儲值卡」というSIM。香港国際空港で売られている中国ローミングSIMの中では総合的に良かったです。価格は120HKD(約1650円)

このSIMは1ヶ月〜半年のスパンで中国や香港、マカオに何度も行き来する人であればオススメできるSIMです。その特徴や理由を紹介できたらとおもいます。

続きを読む →

中国の街中でよく流れている「あのBGM」について、正体を突き止めた話

中国大陸各地で流れているあの曲

ニーハオこんにちは!チャイナカブレ佐藤(@kazu67_)です。

突然ですが、中国によく行かれる方で、どこへ行っても流れているBGMが頭の片隅に残っている方はいらっしゃいませんでしょうか?

中国の各地で聞くことができますが、私の記憶に残ってる場所は深センの電子街、ファーチャンペー(华强北)の大通りです。あとは四川省のホテルの中でも流れていた記憶があります。ふと意識して聴いた時「なんだろうこの穏やかで、何も考えず、ただ流れる旋律に身を任せられるような曲は……」と感じでいました。

よく日本のテレビ番組や横浜中華街で流れるような、いつの時代なの?というレベルの「ザ・チャイナ」感あふれる典型的なものではありません。中国の街中に溢れているBGMです。

夢に出てくるほど、私はこの曲の所在が気になっていました。

一体だれの曲なのか、はたまた名無しの使い回されている音源なのか……。

様々な検索ワードを駆使しながら探す努力を続け、半年の歳月を経て見つけることができました。見つけた時は嬉しくて涙が止まりませんでした。

日本人で探した人はほぼいないと思いますので(個人調べ)、みなさんにご紹介したいと思います。

続きを読む →